お知らせ事: 🍁 秋めいてきましたね。 🍁
旧サイトへ: →旧やる夫X 一昨年までやってたまとめブログ
合いの手

以前のページ

管理職のくせになまいきだ 第1話 - 管理職のくせになまいきだ

カテゴリ  全年齢対象 不定期連載 オリジナル非安価スレヤンヤン小ネタ


9593 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 16:44:42 ID:6GyRc9WJ

※ 夢でうなされてたら「管理職のくせになまいきだ」と「古明地兄妹」という

   謎のワードが出てきた、風邪ひきの頭ってわけわかりませんね。
9594 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 16:47:17 ID:2V/UFEUm
よーしパパお兄ちゃんに立候補しちゃうぞー
9595 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 16:59:31 ID:6GyRc9WJ



┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ ガ    │        .|    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│  ッ. .城.│        .|          :::::::::::::
│ デ    │       ||     .|     ;;;;;;;;;;:::::::
│ ム     │   |   _| |__..  .||
│┗      │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ
         ||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ.
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ  |;; ;|.
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||     .||
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|


9596 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 16:59:46 ID:6GyRc9WJ


.       |_||_||」l」|::|:||::|::|「||「||   \__     ----――====¬¬冖冖    ̄ ̄   __     ----
.      | ̄`lミ||::|:||::|::||:|||:||     |  |_     ----――====¬¬冖冖     ̄ ̄
        |: : : |ミ|「::`l:」:」|:|||:|l     |  |                     ||     匚]       匚]
       |: : : |ミ||:::: |ミ|ミ| |||:||    .|  | }{                ||
      |: : : |ミ||:::: |ミ|ミ| |||:|l    .|  | ||.  _}{  _}{   }l         ||     y頂='      fニニニニl
.        |: : : |ミ|L::_|ミ|ミ| |||:||   |  | ||.   ||   ||   |l  ___ ||     (テ´      〈_{┘ ̄
.       |: : : 「::|:!::::|::TT::|||:||    |  | ||.   ||   ||   ||  |    |||
    〔[ェ===[}:|:::|:!::::|:::|::| :|||:|l    |  | ||.  _||  _||   |l   ̄ ̄ ̄ ||
        ├-rf::::|:!::::|:::|::| :|||:||   .|  | 「| 、 |┤、|┤、|`l 、      ||     y頂='      fニニニニl
       「|::|:|::「|:!::::|:::|::| :|||:|l   .|  | {王} {王} {王} {王}    匚] ||     (テ´      〈_{┘ ̄
.         |」::|:|::|」:!:: |、ムム]ム]ム  |  l | |  |┤ |┤ |-|     匚] ||_____________
.        |:|::|ム:::「`l:|ム 厶 厶 厶  |}|_|  |┤ |┤ |-|     匚] ||==========================
.       マ::L厶-⊥_厶ミヽミヽミヽ   ]| |  |[「[] |[「[] |[「[]       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         マ::::「ニ=-‐¬、r┘r┘r┘ | 「]  |fュ. |fュ {[|fュ       ||  ┌―――┐        ┌―
.         マ::〈}ーャ-f´_〉 : :∧:∧  | |l〔〕 ]「[] ]「[] ]〔[]      ||  |      |        |
          ヽ∧:∧:∧ム∧: ∧:∧   i|   |{  |{   |{.     = ||  |      |        |
             |: ∧:∧:∧ム∧: ∧:∧ _|_ |ム  |ム. |ム    = ||  |      |        |
   〔[ェ=======[}∧:∧:∧ム∧:.:∧ニ〉  /|.| ム | ム.|ム     = ||  └―‐----         .|__
            |: : : ∧:∧:∧ム∧-┘ //[|.L厶 L.厶L 厶      ||
         _ |: : : : ∧:∧:∧_〉´ //  ||  ̄´  ̄´ ¨¨´ ―--    _
.     _ -=ニ  |: : : : : ∧┘¨´ //    |==―--    _          ̄  冖¬==―--    _
_ -=ニ     -└‐¬ ¨´  //       ||          ̄  冖¬==―--    _



                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧      ――以上、第三極東進駐軍への
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /      破壊神様からのご命令です。
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/       どうされますか、やらない夫魔王様。
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ
              〈     \{`V 丶、        Vtヨ        jノ
            ヽ入 \\__/-ヘ、 \        }t〈       {
             ‘ー| l`T゙iーく \\\         jェ(       l
             | l |│| |\ \  \     んf        /
             | l |│| l.  \.\  ∨   ノ{_r'       /
             | / | l`ヽ/ ヽ l`ヽ!T辷「{_r'      /
             ∨  .}ノミx,⌒'ヽLレ-く⌒´       /l
                   `ヾ,__       ____/ │




9597 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:02:38 ID:6GyRc9WJ


                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ        十六夜君、今の私は魔王ではなく
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、      第三極東進駐軍軍団長だ、気を付けてくれ。
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



                 ______
              _rfヱ丁匸^'¬ーュ_
            ,.xr┘> ´      ` <` t___
.           / rイ>'’           「`'く L
.        / jT〉'       /         |  丶{__
       / r'7      / 1  /   ,∧    ヽ
.        ′fiy        ′ |__ ′  /' ∧    i        (意外と小さな事を気にするのね)
.        |i }f     / l  ,人∧彡イ /´‘, ∧ !
        丿从i      ∧ l ィf竓ミハ.儿/x斧ミV ハ |\_
..   -=彡1 厶    ∧ |人r勿    f_r勿 |Ⅳ | !
         |  И 「 Y ∧‘,             川 人           はっ、失礼しました!
       ハ / 个1/,ハ`ヽ、         ノイ |∧
.          Ⅳ / l レ |i Yヽ   σ  /リ人_」_
        /厶:イ_人,j_,八_」__ト.. ___ ,イ/  乂フ}
           /   ヽ /ヽ〈Уノー┐ V/亅    八少t
                    r込,/〉  li   マニiヽ__    ゝこY壬}
                __ノ У〈.   l廴__ マリ У`ヽ   くj}`ヽ
             . ´  〈У〉  | f⌒≫zf、__,ノ八`ヽ、ヽ_,人
           /   {{こ>rf壬} :乂__ノハ `¨^

9598 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:08:12 ID:6GyRc9WJ


                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |         ……破壊神様が魔界を統一してから
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、        魔王という位は部族の長やある程度の職務に与えられるようになっているからな。
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\     よって魔王とつけられると古明地の長だと私に対する誤解が
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }    出来てしまうからな。
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、   古明地は大きい家だ、無駄なお家争いは起こしたくない、分かってもらえるね?
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '




                   , - 、 _
                イ⌒}   Y / Y  ̄ Y⌒ヽ
              ,rク Y, -  == ≠ ==  - 、/ ̄\
              / ヽ イ               \ー―ヾ
           r―< ./ /                 ヽ__人
           |   ./  /        ト、        \  _\
         ノゝ/    /     |     |ハ  i!        ∨ _{
      / ̄/          /|     | i|__ト、  ハ   ∨ /ヽ
     ./ ./         /_/ i|     | i|  ハヽ  }    ∨ _}
     r.イ     /     ./|i/  |,イ  l | i} ./  }   i|    ∨ ヽ
    / イ   /   {  / i|'   i| |   ハ i| ,.ィ≠=ミ、|  リ       ∨ノ    (うわー……そんなことまで
.-=≦≠ / / .イ   i| / 二二, | / | |" frハ  》  /   }     \
    └/ イ  i|  八/./ frハ. ヾ|i/     乂ツ / ./ i|  i|     \. \   気にしないといけないなんて
     ./イ/|  |    ヾ《  乂ツ        ー= './ ./ i|  リ     ハ≧=-
   /  / i|  .八  ト、八ヾ _ ノ         '''' /イ}  リ /   \  \    名家も楽じゃないのね)
      ./ 八./ ∧ i! \ \  ,,     ′   /  ハ/ /  |i  \ ハ
     / //  / ∧ト、 }‐一             u /} //     i!   ハ   |
   / /   {   / ヾ|ヽト、:ヽ      _    イ| 〉∧  |  ハ    /}  i!   了解しました、やらない夫軍団長。
__/ イ|     |       \ リ  >      ` ./| リ ∨/} /l / }  ./ i| /
 ̄  .八  /ハ  /   / 《∧   |   }>  イ   |//.∧〉 ./ j./  .八/  j/    それで、命令については……
      ヽ{ { \{   i{ ハ∧  iト、 |      |ム《_/イ__/_  //  /
          \八〈Y_〉 ヽ.八 〉.j _  __ ノ:::::::f:》:::::::::/
   __      r―f /--,  /   フYヽ 〉:::>=ミ、::::{       _
 〃: )_ ≧=-   ヽ:::ハミ/_≦     /_水¨} }::/ノ }ヾ:ノ    -=≦ ={`ヽ
 {{: :{   `ヽ     ̄ //リ ̄ヽ    //:::|::ヽ\ /_ノ    ̄ ̄         |: :人

9599 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:12:18 ID:6GyRc9WJ


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃      あぁ、食料問題だな。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉       そうだな、ユーミル君か悟空君に行かせたいのだが……
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



           __,r‐,ァ-;‐-‐r、__
          r'´  V  !  !/ `>-、
       r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!  !ヘ.、
       ァ'´            `ヽ.!  l 'ヽ.
       /  ,:' / .;  ;    ;   i   Y´ 7 ',
      ,' ./  ,' /! ハ  / !  ハ   !/  !
      / ,'  ./,メ、_!/  レ' _」_イ .!   ':,   |
     ,'  !  ノイ´7ヽ!   '7´,'"'ヽ!ハ   ,.ゝ  !
    ノヘ レ'ドノ _!_ソ      _!__ソ_ゝ! ノ  ,' !
      )へ!,7.,.,.  `       .,.,. /_ン'i   / .|
       /!,ハ,            /iン_ン  /  ',
     _,.イン !ヽ.   `      ,r'iン  //   ハ      ユーミル准尉に悟空伍長ですか?
 「`7r'_ン7  ,'  iヽ.      ,.ィ7_ンi _」=‐ァ-、'  〉
 レヘ」 ,.イ ノi ,ハ__,i`=:;ァニ´ __(_ン-ァ'´ /‐-'、! (       では、直ちに……
 /]  〈rヘヽ.,.へニゝ!_ィァ'-‐く__ン<]___ /    ヽ..
 レ'    ,i´___/:::/ /ム  /|/::/ /        ':,
     /,i__ァ':::::i/ ハ//:ノ」::レ'/           ヽ.
    ,'! /:::::rく /  ';_/:::::::::/、!       Red Ma.〉
   〈 イ::::::::::ヽヘニ7二>:::::::::::! ,ヘ  ヽ.   、_,..-、_!ン
   !_,ハ;:::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::Y_,.ゝ-、.,__,r'"´    ヽ.
   /`''-ゝ;::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::'レ':::// `ヽ.       ヽ.
 /   ;7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'---‐=ァ ,>''"      ノ
'    r'/;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,.イ!_,,...-‐ ''´    _,,.. ''´
  ,.イ_/iへ:::::!:::::::::::::::::::::::r'"ン/´,     __,,.. -''"
/r'7`ヽ、__>=ニ二ニ=く_/」 ,! / / , ノ\

9600 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:16:01 ID:6GyRc9WJ



             / ̄ ̄ \
           /  __,ノ 'ヽ、_
           |   ( ●) (●)
.            |    (___人__)
             |    └ー '´ノ
            |     ⌒ |            , ァァ┐
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /      ……いや、悟空君には
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿       また別の任務を言い渡さなければならなかった。
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /
    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ          咲夜君とユーミル君とで行ってくれ。
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |
  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |



                      _ -‐/_ /
                    /ヽ__r、_― ´ ー- 、
                    rヘ } ̄ j, 丿厶_ゝ‐ 、__ー 丶
              __ノ l V ) j斗 二 -z-`ニ===ー 丶\
                廴ヾ/` ′´¨¨__`丶 丶` `ヽ ヽ \
              rマ,/ '´|l ヽー―― `ヽ \丶_ \__, ヽ、ヽ
               _丿,///八ヾ  ヽー __ ̄ 丶丶丶`¨ヽー 、\`¨¨´
                \l/  l ヽ|\ヽ\ ヽ`,>‐‐ヾ\ヾ l ヽ\ヽ`ヽ、
              |! ll !   ト、__\ーヽ∨斧芋ミl ハヽl/ヽ\\、_
              |! l| ヽヽ廴ゝ- 、ー\イ弋沙'!/ j! l!( 〉ヽ\`ー
                  )ハjヽヽ 刈弋沙   ヽ   / /从lレiヽ\、_
                 //八 }ヾ ゙\`ー__ 、_     レ从八、\`ヽ
             ノ/   〉}ヾ、ー`ー―  、ー_ ァ  ./ |Y'} _厂ヽ r、    (ほっ、まさか猿魔と組まされるかもと
                /八ハ`ヾ`ー`.、 _, --┐'  lヘ人}::ィ レ:::ゝ
                '.  /  レ 从><   /{′ ヽ{シゝ< ̄`ヽ    考えたらユーミルちゃんが百倍マシね。
                  ( ̄、__てヽヘ ノ}.  /八   く」八ー=、⌒ヽ)
               rー-<`¨¨¨`ー`ゝ、j V ヽ, } ー 八}; ;ヽニ}       ……しかもフった手前顔も合わせづらいし)
                /        \ ヾノハ L{、  j7 }; ; ;\ーz、
             r 'r-_ - ¨¨ーっ  ヽ ljr、;ヽ `\z/__厶:⌒{´__ ヽ
              _j,斗'´ ̄` ーz _  /ヽト,jく_j_;_zニ=<二ニニ=-'―ヘ}'′    了解しました!
              l r ' ̄'¨ ー 、  \ j` ー 爿'´     ` ー _´‐ 'ヽ.\、
              l { / _,,,,,,,,,厶斗 '´{rヽー'ー′  _   ̄     、 \ヽ    では、さっそく任務にとりかかります!
              `/ /        r┘T::丁_, -; ;¨¨`r- _, z-、_  \l}´
             /          _, ゝ、 ゝ'´; ; ; ; ; ; ; └-z-...__`¨¨ー'{
           l         ,  '´ヽ; ;ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; i; ; ; ;//....厂(ー;フ′
               、     _,  '       ';ヽ; ; ; ; ; 、; ; ; ; / ; ; //...../ ゝ; /
              ̄.           '; ;'; ; ; ; ; ; ;ー; i´; ; //...../ ゝ; /
                  /`\    .'; ; l; ; ; ; ; ; / ; ; //...../ ゝ ; {
9601 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:17:30 ID:6GyRc9WJ


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . ..
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:,:.:;:.::,,..,,,...,

;;;;;;;;;;;;;;;;,;:.,:;.,.;:.:;,:;.. ..,,. .. .
;;:;;:.,;:,.:,.:.,,..,.,...:.,.:





                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´     はぁ~頭いてぇ。
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!

9602 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:21:55 ID:6GyRc9WJ



                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ     お家争いを嫌って破壊神様の軍に入ったっていうのに
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、    結局は向こうにも気を使わないといけねぇし。
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

        俺は古明地やらない夫。 古明地の家で長男として生まれたはいいが
        女系一家である古明地では家を継ぐのは長女。
        長男なんて他家からは長男のくせに家も継げぬと嘲られ
        生家からは何故妹よりも早く生まれてきた等と陰口をたたかれる始末。

        全てが嫌になり家出して軍隊に入ったまではよかったが――

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
9603 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:25:12 ID:6GyRc9WJ


:.   {
:i:.  ‘。                               f´≧s。、
:i:i:   廴_                          ,.斗‐{ト、\ヽ≧^廴
:i:i:   i: }                     ,*',斗'”¨゙寸、丶\ヽ 、 ヽ
:i:i:    }} ト、                   / /_____ __, Ⅵll|芸l|l|、丶 Y
:i:i:i./ .,イ}、i} %                      レ'r'¨¨¨¨¨゙Y⌒゙f´    ゙Y  }
:i:i:/_ノ:/:i} }:. %                  {i_{{      }'⌒゙廴____八 }
:i:i:¨:i:i:':i:iノノ:  %                  {l 込=-‐'”{:fi:fi:〉     レ^Y     ※軍の偉い人
:i:i:i:i:i:i:i:/,イ:}   \                 rN ^、___,ィェェェェェミ、__,イ〉 |ノ: }
:i:i:i:i:i:i:i゙’:i:/,' i:   廴__ _,斗=ミ_     { {:l:   \、____,彡' ′ }:j ,'
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶 {:       }゙{    /斗=ミ    Ⅵ::    `¨¨¨¨¨´    .:l ノ    キミ、古明地の生まれなんだってね。
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽト、  :i:   }:i}   /≧s。⌒>、   ゙ーi::.   `゙゙゙"""´  .:::::「
、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦ、 :i:i:i /:/ , i /     /:7>'¨¨ヘ::::::::.....    ....,::::::::,イ=ミ    じゃ、中間管理職決定。
. \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:}:.i:i:i: レ',イ i| /     ,:':/ ,:'/ 込丶:::::::::::::::::::::::::,イノ {  >、
.  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅶ:i: //:i:i i:i/     /  ,.:' .i:/{ ̄ ̄ ̄ア^寸´ ̄  .:Ⅷ  \__    それじゃあはりきっていってらっしゃい!
     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:iVi:i:{:i:i:}:/    /  ,.:':  .i:/::} :i  ,イixixi゙寸   .:}l:::∨ 丶 N⌒ヽ、
      \:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:/:i/:/ / /      .:i:/:::/  } /{ixixixi/\: : :/:ム:::∨ ` \  ≧s。.
       \:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:/:/'’ /         :/:::/,斗'”  〔ニ0ニ〕,:'} \/: ::::}: :::Ⅵ :、  \    ≧s。.__ _
         \:i:i:i:Ⅶ':,イ /   ,ィ   .i:/::: :::{´ ':, ', /ixixixiム,:': : ::}:  }:|  ::∨ :i.   丶      } ム
          \:i:i:i//   ,イ:i:  .i:/=ニミム  ':, ∨ixixixixiム: : : .,'  ,イ≧=xⅥ :i:.   Ⅵ     } ム
                >' /   ,.:'i:i:i:  .:i:/::::  :::ム  .':/ixixixixixiムノ,.:' .,.:'/   ::::Ⅵ :i:.   ∨    }   ヽ
          /  ≧s。._____.:i:i:/::::::   :::::ム /ixixixixixixix} ,.:':::/    :::::Ⅵ :i:i.   Ⅵi:. . / ,   ム
            / ,斗匕¨¨¨¨¨¨¨`ヾく ::::::   :::::∨ixixixixixixixi|ノ :/     ::::::Ⅵ :i:i:i:.  ∨:i:i:} /    ム





━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

            なんか行き成り軍団長に任命されました。
            周りの嫉妬とかそういうので胃が溶けそうです。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
9604 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:29:27 ID:6GyRc9WJ


                               __
                   r 、         /    丶
                   } }        _,ノ ヽ、,__  `
                   、」 {  _      (○)(○.)   |
                 ,-く ヽ { / .〉     (_人_)  U |
               r´ ヽ ヽ、`〈, {      |}r┬‐|     |     いえ、私は古明地からは勘当同然の扱いでして――
               i r、 ヽ 〉イリ      '、`⌒ ´   , ト、
                    }   し√' /         | 、     ,イ//`ー‐‐‐‐‐-、_
               |  _,,-イ            `ォニニ二´/ィ : : : : : : : : : : : : : >、
             ∠ヽ__,,-''7          _/ /\  / : : : : : : : : : : : :/.: : ',
             ヽ : : : : : : : |       //|イ:::::/∨ : : l : : : : : : : :| :/ : : : : :',
              | : : : : : : :ヽ      r''/ : | ./`Y / : : : 」 : : : : : : : :./ : : : :.//ヽ
              | : : : : : : : :|     ノ/.: : | i::::::|/ : :/ : : : : : : : : :/ : : :// : : :|、
              | : : : : : : : :|    /|./: : : :|/:::::/ : : : : : : : : : : : : : | / : : : : : : : :|.ヽ
              | : : : : : : : :|   __/ /.: : : : :|::::/ : : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : : : : : : : : : : ヽ
              | : : : : : : : :ヽ/ : : :| : : : : : |:/ : : : : : : : : : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : :
              | : : : : : : : : :|\ : : :| : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : / \ : : : : : : : : : :
              | : : : : : : : : :〉〉.: : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〈   \=二 : : : : :




丶    __Ⅶ      丶         /        / r'     Ⅶ',          \
  \__,斗 .Ⅶ:i:i:i:i:...   }\      /.:i:i:i:i:      / ,イ 丶   Ⅶ', ',          `ヽ
   Ⅶ~~゙Ⅶ:i:i:i:i:i:i:.  八_ \   ,イ:i:i:i:i:i:.      / f´⌒ヽ、ヽ \Ⅶ゚, ':,           ゙ー
    }   :乂:i:i:i:i:i:i:i>'   ヾY/、 :i:i:i:i:i:.   / .r'─‐- ミ、∧ 、:Ⅶム ',  ヽ
:i:i:i:i:i:i:i.}:i    `゙""´   ,斗'”ア’  ヽ:i:i:i:i:  ノ    j ̄二=ァ'"⌒゙゙゙゙`Ⅶム i   l l ll  l
:i:i:i:i:i,イノ       ,斗'”   ,'.:i:i:   \: r'´     }'´ ,イ"           Ⅶi、  l l ll  l l
=彡' '      //     {:i:i:i:i:.      7       Ⅶ//          |l |l   l l ll  l l
       _,イ'’,ィ'     ヽ Ⅶ:i:i:i:    /        _V/{            lハl l   | l ll  l l   (例えそうでも下っ端において
    ,斗':i:斗'”,{:      丶Ⅷ:i:i:  ,イ=ミ     {ト:Ⅵ,ィ斗芸ミヽ、     } l| |  l l_l,斗‐ll ll
   ,イ:i:'"   /:{:.       ヾ、:i:i__,イ丿V廴__    { n}ト、r'¨¨¨_二ニ`寸)/__l| ,l|斗芸zzl||「|「|ト/   クレーム入れられたら困る)
  ,:'     .:/:i:{:i           ` ´ { }  Ⅵ、__≧==Ⅵ{Ⅵ  ,ィ'弋uノミ、゙Y⌒゙7/¨¨    `寸/,イ
 .,:'   .:i:i:/:i:i:i:{:i..           i }\ }i:i:. (_/∧:', {   ゙≧━=彡' }____ji'         Ⅶ:,   いや、実力にあった席を用意
、/  .:i_iノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. .       .:   !∧ ゚,乂_/:i:i:∧l 乂      ノ゙ー‐'{         /} /
:i:  .:i:i: .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. . . . .:i:i:  / ∧ ',:. Ⅵ/:i:i:i:i:i:{ {^ト、ー─‐ '’  ::! `ー=二___.。s':,'~    しているだけにすぎないよ。
ノ:   ..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /    l  N ∨:i:i:i:i:i圦 ``㍉、_   ‐-、:j_,斗: : : :.ァァフ: : :∧、_
  ...:i:i:i:i:i:\:ヽ、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. ノi:. . . . :l  Ⅶ/:i:i:i:i:i 八   ゙寸゙ェェェェェェェェェェェイ": : : : /::. Ⅷ   さぁ、早く任地に行きなさい
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,斗芸、込、:i:i:i:i:i:i:i__,斗'”' }:i:i:i:i:i:i:i:}:. i V:i:i:i:i:i:i:   |へ  \`ー'ー'ー'´二二 ノ: : : :,イ::::::: V
r…━='”ー…━…'¨¨¨¨¨  //:i /:i:i:i:i:i:i:i:i}i: i. {:i:i:i:i:i:i:  |:::::≧。.  `¨¨´ ̄:::::::::::: : : :.//}::::::::: {::   時計の針は止まらないのだから!
Ⅷ:i:i:i:i. /l    :i:i:i:i:i:i:i:i://:i /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i: }:i:i:i:i:i:i:  }:::::::::::::≧s。.______.。s≦イ /:::::::::: N

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

            一応抗議したものの無しのつぶて。
            まさかの落下傘団長です、ハハッワロス

            勿論、こうして管理職に近い役職に振られたのは
            古明地の魔術、いや、魔法を頼っての事だろうが――

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

9605 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:34:24 ID:6GyRc9WJ



       ./ ̄ ̄\
      ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
      |     ( ―)  λ   ヽ
    ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
  __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
/---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ    こんな中途半端にもほどがあるモノを持っても
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!   どうしようもないだろ、常識的に考えて……
.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

        古明地が女尊男卑である理由は、『男が持つ読心魔法は極めて弱い』
        と言う事である、勿論例にもれず俺の魔法も弱い。

        精々が誰かが誰かをどう思っているのかが感覚的にほんの少し分かる程度という
        お見合いのセッティングなら使えるかもしれないモノだ。
        しかも発動には顔を見合わせて話さないといけないし
        一対一でないと魔法の方向性がブレてどうしようもない。

        ひどすぎる。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
9606 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:47:25 ID:6GyRc9WJ


おにいちゃんおにいちゃ...ィ-、 .いちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どうしてどうしてどう _,, - (`ー==''''''` ‐-...うしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
逃がさない逃が ,.ィ:'゙:.:.:.:.:.:.:/`゙`'''ー=-、:.:.:.:.:`7-、.がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
ダイス.、__,,,,.ィ':´:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾz/ └-、 . ダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキ
おにい... ̄〃:.:.:/,:.:.:.:.:.∥:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:l    )ヽ おにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どうして...〃:.:.:/:.:/:.:.:.:/:li:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:`ー-ri'":.:.:.`ー-ノ...してどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
逃 (、__,/:,:.:.:./:.:j:.‐''´i`:ト-:.:.:.:.:._⊥L、,:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.マi:.:.ヽ:.:.i´.逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
ダイ.`ー'7゙:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:/l:.:l l:.:.:.:.:.:.:ハlヽ:.`:ー:.、:.:.:.:.:.:.:.! !:.:.:i:.:.:.l...スキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキ
おにい.j:.:.:.:,イ:.:.;.:'、:.:.l ヽ{ ヽ:.:.:.:j´ ヾ,~ヾ:.:.:.:i!ヽ:.:.:.:.:l l:.i:.:.!:.:.:! にいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どうし i!/:;/:.!:.|:';.:.トゝ   ',:./   ヽ、 ヽ:.:l !:.:.:.:.:.:.l l:.i!:.:!:.:.ハ.うしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
逃がさ ヾ;.|:.:.!:jヾ:、|,z≡ミ  ,レ'      V/l:.:.:.:.:.:.l l:.l:l:/:.:.! `ー...さない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
ダイスキ.i'、;j/:.:.:.:.l           z=≡=z. /:.:゙,:.:.:.://:j:l!:.:.:.j    どうか我が兄を前線へ! ダイスキダイスキダイスキダイスキ
おにい . j:.:./:.:.:.:.:l!""` ,         /:.:.:.:.:`ーj j:.:l/:.:.:j.おにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どうして.j∥:.:.:.:.:.:.`.、        ``` /:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:/:.:.:/    古明地長男として . うしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
逃がさ...Ⅵ ,i:.:.:.:li:.:.:.丶、  、_     !:./:.:.:.:.:.:.://:./:.:.:/ い逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
ダイスキ .Ⅵi:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:`.:.、,,,, -‐ ' i!/l:.:.:.:.:.;イ/:レ:.:∧l      破壊神様の栄光の露払いを .スキダイスキダイスキダイスキ
おにいち . ヾ\:.', ヾ:.:.:,:.:.:.;,ィ-|__,,,,-弋l:.:.:.;イ,イ:/:/ ヽ おにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どうしてどうし ヾト ヽ/ヾ/l /,     )//lハ:(         立派にやってくれるでしょう。...てどうしてどうしてどうしてどう
逃がさない逃.,z=≠ミノ7〃j/ |    .// ミ ヾ`´ . さない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
ダイスキダ 〃  ∥l /ヘノ~ヾil  //    \_.スキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキ
おに . _/7i,、||   〉、 /l: : : :ノ j,,//⌒ヒノ⌒`ーミ=フ.ゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
どう .〃Y .l .lil  / ≧il_ィZ゙/ // ´  ==   ヽヾ,ヽ してどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
 /r| .l ! .l~'iil〃/    ̄ `く l/ /         llマハ..ない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない逃がさない
 // l ! .| ', ヾムz‐-..、   ヾi          }l l .l . ダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキダイスキ
. / l l l ' .゙ ll (::::::::::::ヽ    l          iノ./
━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

      それでも何とかして後方任務を勝ち取り生き残ってきたと思ったある日、
      無事に家督を継いだらしい妹が突如として
      
      「古明地の名として相応しい働きを、古明地当主として求めます」

      と俺に通達。 同時に俺の前線配備が決まった。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━


9607 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:50:42 ID:6GyRc9WJ


               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |
                | .        |
               |         |
             |         ,
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i
━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

       勿論俺に拒否権などない。
       幸い軍、それも現場では古明地の名で必要以上に忌避されたり持ち上げられたりという事は
       無かったが、前線に行けば別の理由でそんなことはなくなる。

       生きるか、死ぬかで名家の名なぞ役に立たないからだ。
       事ここに至っては、是非も無し。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
9608 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:52:37 ID:6GyRc9WJ



                             , ――-、
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´
━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

                         生き残る。

                    その為に、最善を尽くすんだ。


                    『管理職のくせになまいきだ』

                         ――start!                 うそです。

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━
9609 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 17:59:53 ID:6GyRc9WJ

※ 一日空いたので勘を取り戻すためにやってみました。

   ちなみにやらない夫の能力はサトリのルーツの一つ、山彦を曲解して
   「相手を真似る程度の能力」であります。

   故に古明地姉妹の「心を読む程度の能力」と「無意識を操る程度の能力」とを
   劣化させつつ真似ています。
9610 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 18:04:43 ID:6GyRc9WJ

※ 「心を読む程度の能力」により、相手の好悪する人が分かり
   「無意識を操る程度の能力」により、顔を合わせる相手には自身が好悪感情を持たれることはありません。

   ただし、劣化しているために激しい感情は無意識を通り抜けますし
   一対一でないと心を読めません。

   そんな主人公が頑張る物語……安価でやれるかな? やれないな!
9611 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 18:05:57 ID:6GyRc9WJ

※ ちなみに反転部分はやらない夫分かりません。

   シェルターの色機能はホントに神機能です……前作でもお世話になりました。
9612 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 18:24:04 ID:ZPqEVH90
言われるまで反転わかんなかったけどこええwww
9613 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 18:37:24 ID:l0CpPvVQ
おつー これはこれで見てみたい気も
9614 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 19:10:41 ID:CV9LuiaI
乙です これはまた胃が痛くなりそうな……w
9615 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 19:23:48 ID:PAM3OVBU
おつ 反転に大草原
9617 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 20:05:33 ID:6GyRc9WJ

※ ちなみに 橙色 水色: 同性or異性に対するポジティブな感情

         黄緑 青色: 同性or異性に対するネガティブな感情

             赤色: 殺意。

             桃色: 劣情。
9618 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 20:08:17 ID:/bF0oC2W
愛情ですらないのかよw
9619 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 20:09:35 ID:6GyRc9WJ

※ ちなみにそれぞれ皆二つの性格があり、それによって相性が変わる。

   咲夜さんは冷徹/奉仕 なので、自信/高貴 のユーミルと相性はいいが

   獰猛/勇敢の悟空とは相性が悪いとかそんな感じ。
9620 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 20:13:19 ID:6GyRc9WJ

※  なお相性が悪いとこじれやすくなり辞めやすくなる、性格次第では積極的に相手を殺しに行く。
    相性が良いとよく協力するが、過ぎればお互いに甘くなり効率が落ちたり果てに結婚で両方寿卒業とか。

    そんな中間管理職。
    ちなみに劣情だけど前段階として愛情もあります、ただちょって肉欲とかが前面に出てるだけですたぶん。
9621 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 20:17:48 ID:6GyRc9WJ

※ ちなみにさとりは狡猾/一途、こいしが冷徹/一途。

   やらない夫は±50までの自分に向けられる感情をゼロにして話したり作業が出来るので
   ある程度まで相性を考えずに協力できる。
   ただし、+にしても-にしても超えればそのままなので急に目がハートだったり殺しに来たりする。
9622 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 20:32:28 ID:mFQSrPGx
赤が殺意か尊敬か悩んでいたらやはり殺意のほうだたtかw
9623 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 21:06:23 ID:dWQe0CTO
これはいいヒェッですね 副官とかと絆深めていった時がこわいなあ……w
9624 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 21:11:30 ID:6GyRc9WJ

※ じゃあ暇な時に絆深めていった場合でもやりますか(ニコッ
9625 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 21:14:38 ID:dV2cPvcW
楽しみだなぁ… 安価じゃなくてイッチの箸休め的なお話で投下してもいいかも このスレだと残り少ないから別スレ建てる方が良いのか… いや、安価無くてもおもろそうなお話だと思います シェルターの反転機能をここまで効果的に使っているイッチは凄いww
9626 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 21:26:17 ID:dWQe0CTO
まぁでも、真面目にこれぐらい軽い読心能力なら欲しい… 心理的相性の良し悪し分かるって、最高やん?
9627 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 22:11:35 ID:6GyRc9WJ

※ ちなみにお約束で自分への感情は分かりません。

   ちなみに+30から告白成功するくらいだよ!
9628 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 22:15:57 ID:dWQe0CTO
+50で喰われるぐらいですね、分かります
9629 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 22:19:04 ID:mFQSrPGx
100なら、他の全てを滅ぼして世界に二人きりになろうとするぐらいか!
9630 名前:◆D7UVN5Pt/Q★ 投稿日:2015/09/07(月) 23:00:06 ID:6GyRc9WJ

※ しかし副官とかどうするかね……いいか、咲夜さんと愛歌様と偏執王で。
9631 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 23:01:30 ID:/bF0oC2W
最後待って
9632 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 23:06:29 ID:dWQe0CTO
本編で出せない不満ですね、分かります
9633 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 23:06:46 ID:mFQSrPGx
癒しが咲夜さんしか、、、いや咲夜さんもきっとアレなんだろうな 俺にはわかる
9634 名前:隔壁内の名無しさん 投稿日:2015/09/07(月) 23:11:26 ID:dWQe0CTO
喫茶店経営したいというGMさんの欲望を感じる……

以前のページ





病みが深い
Posted by 名無しさん@やる夫X at 2016/08/23 20:59:40

【感想・コメントを書く】

HN:

URL:

メール:

コメント:



まとめサイト様
アンテナサイト様
© bambis 2016-